funmogのブログ

ウニモグとDIY@山小屋暮らし

ビニールハウスの温度調整

ビニールハウスを使いは始めて数ヶ月だが夏野菜はハウスで順調に育っておりナス、ピーマン、キュウリ、小松菜が収穫できるようになった。

 

締め切ったビニールハウスの温度は夏場では40度を越えてサウナ状態になってしまう。

購入したビニールハウスは追加オプションのサイドの巻上げ機構付きのものにした。

サイド巻き上げ機(商品名はカンキット)で温度が上がりすぎたときはハンドルを回して空気を入れ替えて温度を下げることができる。

 

f:id:funmog:20210706135524j:plain

手動での巻き上げはそこそこ力も必要でとにかく面倒なので自動的に巻き上げできないか実験してみた。

使うモーターはアマゾンで購入したDCギアモーター。

f:id:funmog:20210720095521p:plain

 

トルクは70kg.cmのものなので10cmレバーなら7kgで回転できると考えれば十分だと思う。

価格は約3000円だった。

 

手動ハンドルを外してシャフトにギアモーターを取り付ける。

DCモーターとシャフト径が違うのでアルミの棒材を旋盤で削ってカプラーを作り

防滴構造にするためアクリル板でケースを作った。

f:id:funmog:20210720094505j:plain


 

あとは上限、下限で自動で停止するリミットスイッチが必要になる。

ヤフオクで格安の防水のリミットスイッチがあったのでこれを使う。

未使用品で一個400円とか安すぎてちょっと不安になる。

f:id:funmog:20210706140517j:plain

ガイドパイプにストッパーを付けてリミットスイッチの棒が振れるとモーターが停止するようにする。

リミットスイッチには並列にダイオードを付けておく。

これがないと逆方向に電圧を与えて戻すとき電源が供給されないので戻せなくなくなる。

 

温度コントローラーはアマゾンで購入した。

999円と安い。

f:id:funmog:20210720100008p:plain

DCモータは1A以下の消費電流だが起動時にはかなりの電流が瞬間的に必要なのでバイクから取り外した鉛バッテリーを使い常時充電する方式にした。

 

手動でも操作出来るようにスイッチをつけた。

朝に全開にして夕方に閉める使い方で今のところ満足しているので温度コントローラーの出番がない。

タイマーで定時で開閉させる機能もあったほうが便利なので今後の改善点にすることに。

 

f:id:funmog:20210720094607j:plain

かかった費用だが手持ちの部品も使えたので概略1万円と思ったより安かった。

 

次の計画だが冬でも栽培させるには最低温度の管理が必要になる。

そのためには暖房も必要で自動運転できる安価な暖房装置が実現できないか計画している。

 

ビニールハウスで野菜栽培

ここで住み始めた頃に空き地を畑にして野菜を育てたが収穫直前に鹿に全部食べられそれれ以来野菜作りはしなかった。

斜面だが日当たりが良い土地があり畑によさそうな場所がある。

鹿除けと年間を通じて野菜を育てることができるビニールハウスを作ることにした。

先月にこの斜面までの道を作ったので今回は斜面を平らにして畑作りをした。

斜面の土留めはホームセンターで購入した土留め板を単管パイプを打ち込んで固定する。

f:id:funmog:20210614214033j:image

購入したビニールハウスはコメリのキットでサイズは4.5x9mのもの。

地域によって降雪量が違うのでパイプの太さが異なる。

基準点を決めてパイプを打ち込む位置に印をつけて地面に差し込む。

f:id:funmog:20210614214130j:image

半日かけて一人でここまで出来た。

f:id:funmog:20210614214642j:image

ビニールシートの貼り方が分からなかったのでYoutubeで検索したらいろいろ出てきて参考になる。

ビニールシート張りは1人だと難しいので助っ人を呼んで手伝って貰った。

2人で両隅を引っ張りながら貼ると綺麗に貼れる。

f:id:funmog:20210614215139j:image

ハウスの土を耕したいが耕運機のエンジンがかからない。

数年前に購入した中古のホンダこまめだが薄手のブルーシートをかけて野外に放置したのでいけなかったのかな。

キャブレータの中まで雨水が入りこんでいたので綺麗に掃除したら問題なく始動。

ついでにエンジンオイルとギアオイルも交換しておいた。

 

畑の土ずくりは時間をかけて有機肥料を使ってやる予定。

ただ夏野菜の分はホームセンターで腐葉土を購入して部分的に栽培を始めることにした。

f:id:funmog:20210615085424j:plain

 

ヤギを飼育しているのでたくさんのヤギ糞が出てくるのでこれを発酵させてヤギ糞堆肥を作りたい。

有機堆肥と発酵は調べてみる奥深く興味をそそる。

手始めに環境浄化微生物のえひめAIの原液を購入したので薫炭ボカシ肥料から始めてみようかと思う。

 

パルス充電器でバッテリー復活

鉛バッテリーの充電器が壊れたので最新の充電器を購入した。

f:id:funmog:20210412160607p:plain

購入したものはサルフェーションの除去ができるというパルス充電機能が付いていた。

1年近く放置した45AHの鉛電池があったのでパルス充電の効果を試してみることにした。

電圧を測定したら1V以下で完全放電状態で1年近く放置されていたのでサルフェーションがある程度進行していると思われる。

 このパルス充電モードで果たしてバッテリーが本当に復活するか実験開始です。

先ずはバッテリー液が少なかったので蒸留水を補充して通常の充電モードで

フル充電状態にした。

次にパルス充電モードにして定期的に内部抵抗とCCA(コールド・クランキング・アンペアの略)を測定する。

バッテリーの診断には以前購入してあったバッテリー診断機を使った。

f:id:funmog:20210412155323p:plain

この測定器はバッテリー内部抵抗やCCAなどのパラメータを測定できる優れもの。

パルス充電モードを行いながら内部抵抗とCCAを定期的に測定し変化を記録してみた。

 

測定時間  内部抵抗 CCA

     (mΩ)  (A)

開始時   16.28           211    

7時間後    12.93           296

13時間後   12.44           320

24時間後   12.53           323

 

12時間程度パルスモードで充電したら内部抵抗は低下してCCAも改善したがそれ以上してもあまり効果はないようだ。

このバッテリーの規定CCAは433A(100%)なので48%から75%まで上昇したのでまだ少し使えそう。

予想していたより効果がありバッテリーが復活したことに驚いた。

多分このバッテリーはあまり使っていなくて放置したものだったから効果があったのだと思うが使い込んだバッテリーでも同じように復活するか時間があれば試してみたいと思う。

 

 

露天風呂に温泉水

秩父には温泉水を安く購入できる温泉スタンドがいくつかある。

よく利用するのが大滝温泉スタンドで三峰神社がある秩父市大滝にある。

三峰神の湯温泉といい100円で120ℓ 購入できて秩父市民ならさらに半額になるので格安だと思う。

www.city.chichibu.lg.jp

 

購入にはタンクが必要だが1000ℓのポリタンクをウニモグの荷台に積んで運んでいる。 

f:id:funmog:20210330085344j:plain

購入した温泉水は露天風呂の近くに設置したの2000Lのタンクに移して貯蔵しておりこのタンクからのボイラー中をフレキパイプを通し熱交換させてから湯船に与えている。

 

f:id:funmog:20210330085359j:plain

湯船とタンクの落差が小さくて水圧が足りなくてチョロチョロしか出ない。

これだと湯船を満杯にるには時間がかかりすぎるので安価な小型なポンプを設置して加圧させたら少しは改善したが満杯にするにはまだ2時間程度かかる。

もう少し奮発して一回り大きなポンプにしておけば良かったかと後悔。

 

温泉水だが100%の温泉ではなくても半分以下に薄めても十分に温泉気分を味わえる。

この温泉が何に効くのか不明だが肌はすべすべになる。

まあおじさんの肌がすべすべになっても意味はないのだが他に効用があると信じよう。

 

半透明なポリタンクだと夏場は太陽光が当たると藻が発生する。

多分温泉水でも同じように藻が発生すると思うので遮光のために黒色に塗装しようかと考えている。

またネットで調べた情報だが銅板を入れとくと銅イオンで藻の発生が抑えられるようなことを見つけたので実験で片方のタンクだけ銅板を入れてその効果を確認してみることにした。

 

ユンボのエンジンオイル漏れ

所有しているユンボヤフオクで落札した竹内のTB120。

以前からエンジンオイル漏れがありこまめに補充しながら使っていたが最近症状がひどくなってきたので修理することにした。

重機のエンジン周りの修理とかあまり自信がないがジャンクのような機械なのでチャレンジしてみた。

 

エンジンはヤンマーの型式は3TNA72L、ジーゼル3気筒のもの。

フライホイール側のオイルシールからの漏れが疑われるのでとりあえず分解して確かめてみることに。

作業の邪魔になる油圧ポンプと燃料タンクを外せばエンジンは降ろさず作業ができそう。

f:id:funmog:20210322102327j:plain

 

フライホイールカバーの下からオイル漏れの痕跡が残っていた。

このカバーを外すとフライホイールが出てきます。

 

f:id:funmog:20210322102449j:plain

 

油圧ポンプとのカップリングはゴム製ダンパーがありこれを外すとフライホールを取り付けているビスが出てきます。

フライホイールをはずしたらオイルシールハウジングが見えてきた。

f:id:funmog:20210322102643j:plain

このハウジングを外せばオイルシールが取り出せるはず。

 

予想通りオイルシールが劣化して亀裂が入っていた。

f:id:funmog:20210322102834j:plain

 

このオイルシールは日本のNOKのものだがこれを単体で購入すると結構な値段がする。

AliExpressで中華製のフルガスケットキットというの販売しておりNOKのオイルシール一個と同じくらいの金額だ。

他のシールも交換するかも知れないので信頼性に不安があるが中華製を購入することにした。

 

f:id:funmog:20210322104230p:plain

 

届いたオイルシールはやはり純正のNOK製ではなかったがこの価格だから仕方ないか。

面白いことにパーツナンバーは同じなのにメーカー名がROKになっていた。

NOKとROKは一見似ているけど模倣品ですよという意味かな?

オイルシールを交換してグリースを塗っておく。

組み上げは分解した手順を逆にするだけなので簡単。

早速エンジンを始動させて様子をみたがオイル漏れは止まったのでまだしばらくは使えそうなので一安心。

ついでなので作動油フィルターを交換してサンクションフィルターも掃除しておいた。

重機は作業性が良いので素人でもある程度の修理ができるのがいい。

 

作業道を作る

敷地の傾斜地にビニールハウスを作りたいのだがそこまで車で行ける道がない。

やはり資材の運搬には作業道が必要だということで山を切り開いて作ることにした。

道を通す場所に樹齢80年ぐらいの杉の大木が邪魔になっているのでこの伐採からはじめる。

 

f:id:funmog:20210222114702p:plain

チエンソーで切り込みを入れてウインチをかけて引っ張る。

ウインチを使えば倒す方向が正確に狙えて安心。

 

つぎの難関は抜根です。

f:id:funmog:20210222115029j:plain

 

ユンボで根を掘り起こしたが非力なのでびくともしません。

根が完全に見えるまで掘り起こしてチェンソーで根を切ります。

ウニモグのウインチは12000lbあるがこれを使っても少しぐらぐらする程度でまだ抜けそうもない。

真下に張った根は数本残っていたが見えてる根を切断したらウインチで引き抜きぬけた。

堀起こすまで丸一日かかってしまった。

f:id:funmog:20210222115354j:plain

 

その昔北海道の原生林の開墾作業はろくな道具も無く大変だったろうなと思った。

 

次は斜面に道路を作ります。

土止めは伐採した丸太を使う。

傾斜は20~25度程度でかなりきつく多分4WDの車でないと登れないかも。

 

f:id:funmog:20210322094527j:plain

 

とりあえず作業道ができたので斜面にユンボを移動して土地をならすことに。

 単管パイプと鉄板で斜面に土止めを設置して畑を造成してるところ。

平らに整地するのは難しい。

畑なので多少のでこぼこは問題ないので適当にしておく。

 

f:id:funmog:20210322094748j:plain

 

ビニールハウスキットを注文しておいたが届くのは1ヶ月先になりそうだ。

ビニールハウスが出来たら何を栽培しようか考えるのは楽しい。

 

 

軽トラのダンプ改造

土砂の運搬や堆肥の運搬にダンプ欲しいなと思っていた。

ダンプ仕様の軽トラはあるが中古でも結構な価格だ。

それなら自作してしてしまおうと。

多分同じようなこと考えている人は世の中に必ずいるもので検索してみたら

やはり沢山出てきました。

油圧式も魅力的だがDIYとなると少し難易度が高いかな。

自分の力量と簡便さからウインチで引き上げる方法を採用した。

製作するものは荷台に固定するフレームと荷台、それに引き上げ機構が必要になる。

荷台の固定フレームは50mm角のパイプを溶接して作る。

この固定フレームを荷台に9個箇所でビス止めしている。

 

f:id:funmog:20210322092319j:plain

 

荷台は30mm角パイプを溶接してコンパネをタッピングビスで

直接鉄のフレームに止めている。

可動部分は3個の軸受けと直径20mmの鉄シャフトで作る。

 

f:id:funmog:20210322092433j:plain

 

 

引き上げには2500lbの電動ウインチを使った。

滑車等は使わずダイレクトに荷台を引き上げる仕組みなので

簡単な構造だ。

 

 

f:id:funmog:20210222112742j:plain


ただこの方法だと荷台が上昇すると固定しているフレームに水平方向の

力が加わり誤って巻上げすぎると支持機構部分を壊す可能性がある。

なのである程度上がったらウインチを停止させるリミットスイッチが必要。

リミットスイッチは水槽の液面センサー流用しある高さになったら水糸で

リミットスイッチのフロートを引き上げてリレーを駆動させて電源をオフさせるようた。

 

             リミッタースイッチの部分 

f:id:funmog:20210222133856j:plain



 ウインチの電源をオフするリレーはかなり大容量のものが必要で200Aのスターター用を使い箱に収めて助手席の下に設置してある。

リミットスイッチが働いて下降できないと困るのでリレー接点と並列にダイオード

付けたので下降方向はリミットスイッチに関係なく 常時動作する。

f:id:funmog:20210222112836j:plain

 

アオリの固定は軽トラのものを取り外してそのまま利用した。

アオリの兆番は溶接で取りつけのだが兆番の向きを間違えて溶接したため

アオリが中途半端な位置で止まってしまう。

溶接したので変更するのは大変なのでこのまま使うことにした。

完全に折り曲げるようになるはずだったのですがまあいいか。

 

f:id:funmog:20210322092502j:plain

 

 

 ウインチの雨よけにダイソーでプラスチック容器を購入して取りつけた。

 

f:id:funmog:20210222113048j:plain
 

かかった材料費だが

電動ウンチ     4,300円  

鉄角パイプ     10,000円 

センサー、リレー  3,000円

軸受け、シャフト  8,000円

コンパネ、2x4材 5,000円

その他  4,000円

4万円以下で思いのほか安くできた。

ウインチだが中国製の新品でヤフオクで安く購入できた。

コントローラも付いていて動作も問題ないのでコスパはかなりいいと思う。