funmogのブログ

ウニモグとDIY@山小屋暮らし

作業台

ガレージに作業台が欲しくなり作った。

天板は3年前に作ったもので引っ越しのとき分解してそのままにしていたら脚がどこかに行って見つからない。

75mmの角材があったので脚にして完成!

f:id:funmog:20190114185535j:image

天板はカビで黒ずんでいたのでサンダーで磨いたら見られるようになった。

汚れてもサンダーで磨けば新品同様になるのでたまにサンダーかけするか。

 

今年も薪を頂けるということでウニモグ で取りに行く。

昨年も頂き場所は同じ。

ウニモグ の荷台に薪を放り込むのが大変だったので今年は少し工夫した。

フレコンバッグに薪を入れウィンチで引いてクレーンで荷台に移動させる。

f:id:funmog:20190114190642j:image

この薪は去年伐採したものでできればもう一年乾燥させたいが今使っている薪ストーブは強力なので多分使えると思う。

 

急斜面をデフロックで登れたがのはいいが降りる時に落ち葉のとこでブレーキが全く効かず怖かった!

いまの時期落ち葉は乾燥していて良く滑る。

斜面の落ち葉は要注意ですな。

 

 

 

 

ガレージ ピットの蓋

ガレージのピットだが普段はあまり使わない。

誤ってピットに落ちてケガするのも嫌なので取り外しできる蓋を作った。

4t近くあるウニモグ が乗っても壊れないものが必要だ。

梁に使ったリップ溝鋼の残骸がちょうど良い長さだったのでこれを使うことに。

3本をまとめて裏側で5カ所を溶接して固定させた。

重量は約10kgだがこれより大きいと取り外しの作業が大変になりそう。

f:id:funmog:20190106221830j:image

実際にピットを使う時は3~4枚外せば大抵の作業には十分な広さになる。

ピットが少し広すぎたので地下倉庫として使う予定。

ペール缶のオイル等の置き場にちょうど良い感じ。

f:id:funmog:20190106222006j:image

錆止めの赤が気に入ったので塗装しないでこのまま使う事にした。

 

 

 

 

 

 

 

ガレージドア その3

ドアのフレームは30mmのアングル材を溶接するのだが4隅を合わせて固定させないと溶接できない。

2x4材をコンパネに固定しただけでの簡単なものだがフレームを固定させる治具を作った。

f:id:funmog:20190105225403j:image

 

この治具でスムーズに合わせが出来て捗る。

 

アーク溶接は表面にかさぶたみたいなものができる。

カナズチで叩けば取れるのだがエアーツールで便利なものがあった。

20本ぐらいの針が振動して表面を叩く。

正式な名称は知らないがaliexpress で安かったので購入した。

f:id:funmog:20190105225759j:image

これを使うと簡単にキレイに取れる。

しつこいサビ取りにも重宝している。

 

正面入り口のドアも4枚製作して取り付けてみた。

f:id:funmog:20190105224945j:image

動きもスムーズで気持ちいい。

フレームの鉄の部分の塗装とOSB合板の表面保護の塗装が残っているがガレージ作りは一段落した。

 

 

ガレージドア その2

 

正月明けて寒さが一段と厳しいなかガレージのドア製作をしていた。

ドアがないのでガレージの中は谷からの風が通り抜けて午後は一段と寒く感じる。

先週製作したアングル材のフレームにOSB合板をネジ止めして固定した。

とりあえず裏口のドア4枚を製作して取り付けた。

f:id:funmog:20190104212856j:image

フレームが溶接時に歪みが出たようで多少隙間があるが今更修正も効かないので良しとしましょう。

裏口のドアがあるだけで風が凌げるので体感的にはあまり寒く感じ無くなった。

次に薪ストーブを取り付けるとにした。

f:id:funmog:20190104213425j:image

壁にはケイカル板を取り付け熱対策を施す。

このストーブは3年前に購入したもので製材していた山で使っていたのでかなりサビてはいるがまだ当分は使えそう。

煙突は120mm径なのでドラフトが良く煙が逆流することはなく70cmぐらいの丸太がそのまま使えるので便利だ。

早速お湯を沸かしコーヒーを入れた。

ストーブの火を見ながら飲むコーヒーは格別で至福の時間ですな。

 

 

ガレージドア その1

ガレージドアの製作を始めた。

30mmのアングル材を使いフレームを作る。

4隅をアーク溶接したが仕上りはイマイチ。

まあ強度には問題なさそうなので良しとします。

このフレームに収まるようにOSB合板を取り付ける予定。

合板の取り付けはあとですることにしてフレームを2個作りハンガーレールに取り付けて動きを確認してみた。

f:id:funmog:20181225121556j:image

外壁とのクリアランスが少なくちょっと接触するがそれ以外はスムーズに動くので満足!

リアランスが大きいと隙間風が入ると思いギリギリに設定したのだが今更レール位置の変更は大変だ。

接触部分にテフロンテープでも貼ればスムーズに動くと思うのでこれで妥協することに。

 

しかし今の時期野外での作業は寒い!

日中でも6℃ぐらいだったのでペール缶の即席ストーブから離れられない。

f:id:funmog:20181225122405j:image

全部で8枚のドアが必要だが早く完成させてガレージ内に薪ストーブを設置したい。

 

 

 

 

IP カメラ

 

ヤギの様子をスマホで観察できるようにIPカメラをヤギ小屋に設置した。

f:id:funmog:20181225090908j:image

中国のSricamというメーカーだが防水タイプで5000円前後で購入出来る。

固定IPアドレスでは外出先からアクセスするには設定が面倒だがこれはメーカーがサーバーを無償で提供していて一旦そこに画像送られスマホのアプリでそのサーバー経由でアクセスする仕組みだ。

赤外線ランプがあるので夜間でも使える。

 

LANケーブルで電源も供給出来るPoE対応かと思ったけどマニュアルよく見たら違ってた。

結局ACケーブルとLANケーブルを敷設しないといけない。

20mぐらいだがツルハシ使って溝掘りはかなりの重労働。

チェンソーを使う動画をYouTubeで見たことを思い出した。

もう使っていない中国製の訳ありチェンソーがあったので試すことに。

f:id:funmog:20181224225639j:image

ケーブルの幅にちょうど良い感じで面白い様に簡単に掘れるのがいい。

石ころが多いので刃先から火花が出ていて歯は丸く削られても問題なく掘れる。

木の根があっても一緒に切断できて便利だ。

水道パイプに使える幅広の溝掘り用の刃先を誰か開発してくれるといいんだけどな。

 

 

 

ウニモグ ユーザー車検

ユーザー車検に行ってきた。

今年で4回目なので慣れたものです。

娘が車検を見学したいということで一緒に行くことに。

9時から第1ラウンドが始まるが8時半に着いて自賠責保険を更新、書類を書き込み申し込んだ。

窓口で予約番号は?と聞かれ予約してない事に気ずく。あちゃー!

毎年ネットで予約してたがすっかり忘れてた、 慣れてきて油断していたようだ。

でも窓口のオジさんがとても良い人で次回からはちゃんと予約して下さいと注意を受けて検査ラインに並ぶ。

f:id:funmog:20181208210254j:image

排ガス試験はマフラーが荷台の上なので私がよじ登ってセンサーを取り付ける。

試験官:この車何キロぐらい出るの?

私:75km/hぐらいですと答える。

試験官:じゃあブレーキテストしましょう!

最高速を控えめに言えばブレーキテストは無くても良かったのかい?

次回からはもっと控えめにしよう。

試験を進めバックライトが一個しか点灯しないと指摘を受ける。

前々回の車検で左右バックライトは1つにしろと指摘を受けわざわざワイヤをカットして点灯しないようにしてたのに今回が真逆の指摘。

口論してもメリットなそうなので切断しているケーブルを探して元に戻した。

f:id:funmog:20181208211324j:image

結局バックライト、発煙筒不備、マフラーの漏れの3点が不合格!

この程度の問題なら自分で直せそう。

近くのホームセンターに直行して発煙筒と耐熱アルミテープを購入した。

ホームセンターの駐車場でマフラーの漏れを修理。

f:id:funmog:20181208211633j:image

急いで検査ラインに戻り第2ラウンドにの滑り混んだ。

再検査で指摘された項目の再検査を行い無事合格。

お昼前には車検場を後にして帰宅した。